服を脱がせるのはスイッチなんです

ベッドに入る回数が増えるとともに、男性は服を脱がせるのを面倒くさがる傾向にあるようです。つきあい始めて間もないころは、ブラウス一枚、スカート一枚脱がせるのにもドキドキしていたはずなのに、つきあいが長くなると下着を脱がすのにすら緊張感がなくなってしまうよう。女性にとってはとても残念です。

セックスのユニフォームは「裸」じゃない!?

男性にとってはセックスのユニフォームは「裸」なのかもしれませんが、オンナにとっては服やパジャマやネグリジェを着た状態です。一枚一枚脱がせてもらうたびに、緊張感が高まります。スチュワーデスやナースのコスプレを脱がすことには興奮するのに、妻のパジャマには関心を持ってくれないのは残念。コスプレもひとつの楽しみ方なのでしょうけれど、夫にはパジャマを脱がせることも楽しんでもらいたいのです。

しかし、子どもを着替えさせるみたいに焦って脱がされたのでは興ざめです。女性は服を一枚はぎとられるたびに性欲のスイッチが入ります。服の上から触れられ、ボタンをはずされ、手を入れられて直に触れられる。ブラのホックをはずしたのになかなか触れず、ジラされるのも興奮します。ゆっくりとセックスの階段をのぼられると、オンナの心はどんどん高まっていくのです。

女性にとってはステップが一番大事。最後に上りつめることだけではなくて、どう上ったか、が大切です。富士山の頂上にいくのに、ヘリコプターで行くのと、歩いて登るのとの違いです。頂上の景色はおなじですが、満足度は異なります。

乱暴なのはNGなんです!

しばらく間をあけたセックスのときなどに、「ガマンできない!」という感じで荒々しく求められることがあります。ときにはそういうのが性欲を一気に高めることもありますが、オンナの気持ちがどうなのかを考えてからにして欲しいものです。ただ乱暴で性急なだけのセックスは、シラけるだけです。

男性には征服欲があるためなのか、乳房を乱暴につまんだり、強引にヴァギナに指を入れたりすることもありますが、ほとんどの場合、興ざめします。SMチックなプレイが好きな女性もいますが、ごく一部です。乱暴な言葉で攻め立てることもありますが、それも同じ。それがいい、というシチュエーションがないとは言いませんが、一般的にはNGです。

あくまでも女性がセックスに求めているのは、ハードさではなくムードだということを忘れないでください。

オンナはゆっくりと服を脱がされることで、濡れるものです。
>>>彼女の服の、上手な脱がせ方[LCのちょっとHなラブ・コラム]<<<