セックスの禁句を言わないで

セックス経験の豊富さを自慢したいという意識があるからかも知れませんが、男性の中には、女性の性器について知ったかぶりのコメントをする人がいます。アダルトビデオの影響もあるのかもしれません。失礼なので、やめて欲しいです。とても幼稚なだけでなく、女性を大きく傷つけます。デリカシーのない言葉には気をつけましょう。

性器についてのコメントは禁句です

セックスの最中に女性の性器をしげしげと見つめて、「黒ずんでいる」とか「クリトリスが小さい」「ビラビラが大きい」などと、コメントするのは失礼です。挿入の最中に「ゆるい」と言うのも女性を傷つけます。「セックスのし過ぎ」と言いたいのか、「遊んでいる」と言いたいのかわかりませんが、それを言われて女性が喜ぶはずがないことは考えるまでもなくわかるはず。自分がいろんな性器を見てきたと自慢しているのでしょうか?もしそうだとしても、自慢にはなりません。たくさんの女性経験があるからと、女性が男性を尊敬することはありません。

男性は自分の性器の大きさを自慢することがあるようですが、女性は自分の性器を自慢することはありません。目の形や口の形にも、肌の色にも個人差があるのと同様に、性器にも個人差があります。そんな当たり前のことを知らないのだとすれば、とても恥ずかしいことです。特に子供を産んだことがある女性が「ゆるい」などと言われたらとても傷つきます。

男性だって傷つくはずです

知ったかぶりをして女性器について批評をする男性でも、「あなたのモノは短い」とか「亀頭部分が小さい」「睾丸が小さい」とコメントされたらショックでしょう。「細くて感じない」などと言われたら、EDになってしまう人もいるはずです。女性の場合は傷ついて濡れなくなってしまいます。

女性はセックスを楽しむどころではなくなるので、男性も悦びを感じられなくなります。女性は男性がどんな性器をもっていようと、愛情さえあればそれで感じることができます。セックスはお互いに高めあうものですので、どうしたら気持ちよくできるかを考えるべきでしょう。女は言葉一つで高まることもあれば、シラケることもあるのです。

セックスで、女性器についてネガティブなコメントをしないことは、最低限のマナーと心得てください。