女子大生が語るオジサマの魅力とは?

もしかしたら親子ほど年齢が離れているかもしれない女子大生。実はそんな女性代性の中にはオジサマ大好きな女性が多いみたいですね。同じ大学に同世代の男性がたくさんいるはずなのにそちらには見向きもせず、自分好みのオジサマとの出会いを求めているのだとか。

女子大生がオジサマに夢中ってホント?

自分のお父さんと近い年代の男性に女子大生がときめくってホントなの? とにわかに信じがたい話ですが、もちろんこれはウソではありません。女子大生の中でもオジサマ好きは多く、「枯れ専」などという言葉が生まれるほどなんですから。同世代の男性と遊んでいるほうが楽しいのでは?、と思わずにいられませんが、女子大生がターゲットにしているのはまぎれもなく「オジサマ」なんです。

好きな芸能人は誰?

明石家さんまさん 話が面白いし一緒にいたら楽しそうだから
堤真一さん 紳士的で大人なのにコミカルなイメージも合ってステキ
中井貴一さん 頭がよさそうで色んなことを知ってそうだから色々教えてもらいたい
椎名桔平さん 大人の男としての色気が半端ない!
谷原章介さん オジサマ世代の白馬の王子、優しさが滲み出ている

確かに皆さんステキに年を重ねていますね。オジサマだってモテる!が証明できる方々ばかりではないでしょうか。

オジサマのどんなところに魅力を感じるのか

「経済的な部分はもちろんのこと、精神的な安定感があって一緒にいたら落ち着けそう」
「どんな女性に対しても優しくてガツガツしていない」
「経験豊富なので私が知らないことを色々教えてくれそう」
「実は密かに加齢臭が好きだ」

最後の加齢臭には驚きですが、これにはあくまでも「清潔感があること」が条件になるそうです。加齢臭イコール不潔で汚い、ではないことを覚えておきましょう。

何歳ぐらいのオジサマとなら恋愛できる?

「自分の親ぐらいまでなら全然OK」
「おじいちゃん世代だと一緒に歩いていると孫に見られそうでこまるので50代ぐらいまで」
「自分のタイプのオジサマだったら年齢は気にならない、何歳でもOK」

これは女性によって差があるみたいですね。やはり実年齢はあまり気にせず、見た目年齢を意識するとよさそうです。

こんなオジサマはイヤ!

無理やり若作りしているおじさんはダメ。若作りはかえって老けて見えるらしいですね。年相応のファッションを取りいれてみましょう。同世代の芸能人やモデルさんたちの装いをお手本にするといいかもしれません。それから、知識豊富なことを自慢げに話されるのもイヤみたいですよ。知識があるのは憧れますが、自慢話はおじさん臭さを感じてしまうそうです。語らなくても女性にはシッカリ伝わっていますから、あえて言う必要はないでしょう。

いかがでしたか? もしかしたら女子大生とデートできるかもしれません。女子大生にしてみれば、オジサマは知らない世界を教えてくれる刺激的な人に見えていますが、オジサマ世代だって若い女性と一緒に過ごすことで刺激を受けるはずです。同じ世代だった頃に味わった青春を、もう一度味わえるかもしれませんね。だからこそ、清潔感のあるステキなオジサマになるべく努力を惜しんではいけないのです。食事や身だしなみに気を配り、いくつになっても女子大生に振り向いてもらえるようなオジサマを目指しましょうね。