オジサマがモテる理由を生物学観点から紐解いてみた

若い女性たちから一目置かれているオジサマたち。実はただのブームではないみたいです。なぜオジサマがこれほどまでにモテるのか、それは生物学観点から見ると「当たり前のこと」だったみたいですよ。

オジサマには危険性を感じないらしい

若い女性たちと同世代の男性たち、すべての人に共通しているわけではないですが、オジサマ世代に比べるとガツガツした男性が多いのは事実のようです。女性の中には「もしかして私の体だけが目当てで付き合ってるの?」と不安になることもあるのだとか。その点オジサマは、大人の余裕があります。生理学上、年齢を重ねてくれば男性ホルモンが減ってくるので、性的欲求が若い頃に比べるとガツガツしていないわけですね。そのため、オジサマには心のゆとりが生まれるわけです。

なぜオジサマのギャップに萌えるのか

生物学的に見ると、女性も男性も大人になれば落ち着いてきます。女性の場合は男性に比べると大人びるのが早いので、いつの時代も女性のほうが大人に見えるのは当たり前のことなんですね。これに比べて男性の場合は、いつまで経っても子供という言葉が似合います。そのため、若い女性から見れば落ち着いている大人の男性という一面と、子供っぽさの両方をかねそろえているオジサマが魅力的に映るんですね。ギャップ萌えと呼ばれているものです。

人生の経験値が高い男性の憧れるのは当たり前だった?

人生経験のある男性に若い女性が惹かれるのは自然の流れだという話があります。人間の本能として、男性の狩猟能力が問われるんです。食べていかなければ生きていけませんから。そのため、女性は経験豊富で知識のある男性に惹かれるのです。

威圧感のないオジサマに安心感を覚えるらしい

女性に比べれば男性のほうが圧倒的に力があります。そのため、本能的に威圧的な男性には恐怖心が芽生えてしまうんですね。女性が意識しているのではなく、本能的に拒否するように出来ています。ですから、大きな声でガミガミ怒鳴るようなおじさんに心惹かれることはありません。物腰が柔らかで心が安定している男性に惹かれるのです。

同世代の男性では満足できない若い女性たち

これらの話を踏まえて考えると、同世代の若い男性に魅力を感じないわけではないものの、どこか物足りなさを感じてしまう女性が多いらしいですね。一度オジサマと恋愛経験があると、もう同世代の男性とは付き合えないという若い女性も多いみたいですから。ダメなときはダメと諭すように叱ってくれるオジサマ、褒めて欲しいときはしっかり褒めてくれるオジサマ、一緒に楽しむときは同心に戻ってくれるオジサマ、そんなオジサマたちに夢中にならないわけがありませんよね。

いかがでしたか? 自分も今すぐ若い女性と恋をしたいけれど、実は男性としての機能がイマイチ働いていないと悩んでいるなら、今すぐ専門機関へ急いでください。もしかしたらそれはEDかもしれません。適切な診察を受ければバイアグラなどの薬を出してもらえます。早めに受診すれば早めの効果が期待できるので、家の近所や会社の近くなど通いやすいところの専門機関を探してくださいね。せっかくのオジサマたちのモテ期、逃すなんてもったいないですから。