いいセックスとはどんなものなのか?

「いいセックスをしたい」と願う人はすくなくありません。夫との性生活に欲求不満をかかえる妻たちの多くが、「もう一度、いいセックスをしたいな」と感じています。夫たちの中には、「妻とは気持ちの良い性行為はできない」「他の女性としてみたい」と思っている人も大勢いるでしょう。「妻とはどう努力しても、もう燃えあがることはない」と断言する男性もいます。それでは、「いいセックス」とはどんなものなのでしょうか? どんなものなら人は満足するのでしょうか?

突然、不倫に目覚めた普通の主婦

A子さんは、ごく普通の主婦。夫はサラリーマンでそこそこの収入があります。夫婦生活もまずまず順調で、毎回オーガズムを感じていました。性行為はパターンが決まっていてマンネリ気味ではあるものの、最終的には夫もA子さんもイクことができるので、「セックスってこんなものなんだろうな」と思っていました。家庭生活に特に不満もなく、不倫などということを想像したこともありませんでしたが、ある日突然、不倫をしてしまいます。

パート先の忘年会で、同じ職場の仲間と飲んだ時のことです。上司とチークダンスを踊っているときに、ピクッと感じたのです。もちろん、それ以前からその上司の仕事ぶりをみて信頼をしていましたし好感ももっていましたが、性的な関係を望んだことはありません。その日、突然抱かれたくなったのです。彼とのセックスはそれまで経験したことがないほど素晴らしく、夫との性交では得られないものを感じました。A子さんは「生きていて良かった」と感じています。

結婚20年経っても、夫との性生活が大好きな主婦

B子さんは夫とのセックスにとても満足しています。食事をしてワインをあけたりしているときに、「ああ、今すぐしたい」と感じることもあるそうです。そんなときには、食事の途中でもベッドにいき抱きあいます。夫婦生活の回数は週に1回か2回。それほど多いわけではありませんが、毎回とても満足しているそうです。その都度、新しい発見があり、深いオーガズムを覚えます。

ただ、B子さんは不安も感じています。「こうした性生活にも、いずれ終わりが来るのか、考えるのが怖い」と言います。多くの夫婦が陥るように、「いつかわが家にもマンネリ化がやってくるかもしれない」と不安にもなりますし、夫がEDになり勃起できなくなることもあるでしょう。夫が「したくない」と思うことがあるかも知れない。自分自身も、いつか性欲がなくなるかも知れない。なぜ今の性生活がうまくいっているのかわからないために、将来も続くのかどうかが分からない。B子さんの不安は、そんなところにあるようです。

いいセックスとは何でしょうか? 夫婦生活がうまくいっている家庭と、そうでない家庭との境はどこにあるのでしょう? 妻たちの中には、その違いが分からず不安を抱いている人も少なくありません。「もしかすると、もっといいセックスがどこかにあるのかも知れない」…そんな迷いを感じて他の男性との不倫にはまる女性もいるようです。