イケてるオジサマになるためのモテファッションチェック

中年男性だからといって外見磨きを怠ってはいけません。若い女性の隣を歩くのであれば、やはりそれなりの格好というものをしないといけないのです。女の子たちが「カッコイイ、オジサマ!」と心惹かれるモテファッションとはどういうものなのか考えていきましょう!

女ウケの悪いファッションとは?

まず忘れてはならないのが、女性は「不潔」「汚らしい」格好が苦手ということです。人それぞれファッションにはこだわりがあるものですが、古着やだらしなく見える格好というのはあまり好まれないと思っておきましょう。流行りのダメージジーンズも手入れがしっかりとされていないと「ただ穴が空いているだけ」に見えてしまいます。履きつぶして自然に穴があいてしまったなんてものは論外です。ブランド物で計算されたダメージジーンズを選ぶようにしましょう。
シャツやジャケットもパリっとしている方が好まれるものです。タンスの奥から出してそのまま着てしまうような横着はしないようにしましょう。アイロンをかけたり、着用前にハンガーにかけて少しシワを伸ばすなどの準備も忘れてはいけません。

流行を取り入れるのもほどほどに

清潔感を出せれば少なくとも女性が嫌悪感を示すことはありません。ですが、いくら小綺麗でも変に流行を意識しすぎたファッションは笑われてしまうかもしれません。たとえば、最近若い男性の間で流行っているような「腰穿き」などは中年男性には合いません。ズボンに関していえば、ジャストサイズくらいのものを自然な位置で穿く方が無難と言えます。
他にも、やけに先進的なデザインも中年男性には着こなすのが難しいと言えます。奇抜なファッションは原宿や渋谷を歩く若者に任せておきましょう。ちょいワルでイケている中年はシンプルな方が似合います。

モテ服のポイントは「似合う」こと

ファッションと言っても方向性は色々とありますよね。流行は時代によって大きく移り変わりますし、落ち着いた感じなのか派手にいくのか、場所や時間帯など考えるべきことはたくさんあります。
ただ一つ言えることは、モテる中年男性は自分のことをしっかりと理解しています。立場や地位、年齢、容姿、声の雰囲気などを知っていて、それをファッションに活かしているのです。たとえば、自営業をしていて年収も高く、アラフィフのダンディーな雰囲気な男性ならば、質の良いオシャレなジャケットに革靴を履きこなすスタイルが似合いそうですよね。実際にそういう人は若い女性からも好かれるはずです。逆に、見た目が若々しく爽やかな印象ならば、 ニットジャケットにスニーカーなんてカジュアルなスタイルもいいでしょう。要はどういう雰囲気を持っているのか、周囲からどう思われているのかを理解して、自分に似合う服を選ぶことが大切というわけですね。