機械が苦手でも大丈夫!モテる中年のメールのコツ

今の時代、機械が苦手な中高年であってもメールやLINEくらいは使いこなせないと女性からモテません。モバイル端末が発達し、誰もが気軽にメールでやりとりをする時代。未だに対面で直接デートに誘うだけしか脳がない人はいませんか?確かにそれはそれでいいものですが、スマートにデートへお誘いするならばメールを活用すべきです。モテる中年になるためのコツをご紹介いたします!

モテる中年はメールを使いこなす!

女の子からモテるためにはメールやLINEでやりとりすることは必須です。皆さんが若かったころならば手紙や電話でコミュニケーションをとっていたことでしょう。しかし今ではスマホ・携帯で気軽に24時間いつでも連絡を取ることが可能になりました。実際に会って会話をしている時間よりもモバイルを通してコミュニケーションを取るほうが多くなってきているのです。
機械が苦手なんていう中高年であっても、メールやLINEならばそれほど操作は難しくありません。若い女性を口説くならば使いこなしてマメに連絡をとってみましょう。

メールで仲良くなるコツ

女性と仲良くなるメール術というのは確かにありますが、なによりもまず意識しておきたいのが「気配り・優しさ」です。相手がどうして欲しいのか、何を求めているのかを理解してあげれば機械オンチであってもスマホを使って簡単に若い女性と仲良くなることができるでしょう。
気配りや優しさが意識できていれば、メールを送るタイミングもおのずとわかってくるはずです。たまにメールを使うのが楽しくなってしまって、時間や相手の都合も考えずに何通も送ってしまう人がいます。しかもそういう人に限って「返信の催促」をするものです。当然ですが、こういったことをしてしまう男性は確実に女性から敬遠されてしまうでしょう。
相手のことを考えるのであれば、仕事の昼休みや移動中、夕食後のひとときなどを狙ってメールを送れるはずです。催促をするなんてもってのほかだと気づきますよね。いつでもどこでも送れるのがメールの良い所です。だからこそちょっとした気遣いを見せることが女心をつかむコツにもなります。まずは気配りや優しさを意識するようにしましょう。

デートのお誘いはどうすればいい?

デートに誘う際にもメールは高い効果を発揮します。昔ならば直接、口頭にて伝えなくてはいけませんから恥ずかしくて言い出せないなんてこともあったでしょう。誘われた方も「すぐに返事しないと悪い」という気がしてしまってけっこうプレッシャーになっていました。しかし、メールならば気軽に送れますし、受け取った方もいつ返信してもいいわけですから考える時間ができて気楽なのです。
そういったことから、メールならばデートに誘うのもそれほど難しくはありません。まずは気軽に「この前話していたイタリアンのお店の予約が取れそうなんだけど、よかったらどう?」なんて誘ってみましょう。すでに話題にのぼっていて、相手の反応が良かったものならば意外とアッサリ食いついてくれるものです。断られても、対面で言われるよりは傷つきませんから、また次のお誘いもすぐにできますよ!