おっぱいを大切にして欲しい

巨乳グラビアアイドルの人気が高いことからも分かるように、男性は大きくて張りのある胸が好きなようです。胸を強調する下着や洋服もあり、そういう服をきた女性は男性の注目を集めます。オトコは根本的にはおっぱいが好きなようです。マザコン的な心理が含まれているのかもしれませんが、とにかく好きなハズです。なのに、どうして妻のおっぱいを愛撫しないのでしょうか?

>>>おっぱい(乳房)の愛撫のやり方<<<
>>>乳首の愛撫のやり方<<<


乳房は第二の性感帯。とても大事です

男性は柔らかいおっぱいに興奮するもののようですが、乳房は女性の「女性たる根本」のようなものです。乳がんなどで乳房を切除した人が「女性ではなくなった気がする」ということがありますが、それほど大切なものです。女性にとってオンナの象徴は、ヴァギナではなく乳房です。男性がペニスを大切にするのと同じように、女性は胸を大切に感じています。

ペニスの大小を気にする男性がいるのと、バストの大きさを気にする女性がいるのとは同じようなもの。女性から「小さいね」と言われれば男性はショックを受けるのと同じように、女性も乳房の形や大きさについてネガティブなことを言われたくありません。男性におっぱいを大切にあつかわれると、女性はとてもうれしいものです。

乳房そのものは脂肪の塊ですので、それほど感じる場所ではありません。乳首には神経が集中していますので、とても感じます。ただ、乱暴にあつかわれたのでは興ざめしてしまいます。乳房全体をやさしく揉まれたり、乳首を指でいじられたり、そっとつままれたり。クチビルや舌で転がされたり吸われたりするのも快感です。丁寧にゆっくりと愛撫してください。

乳首への愛撫に飽きることはありません。2、3分舌をころがしたら終わり、というのでは短すぎます。オンナにしてみれば1時間なめられ続けてもいいくらいです。せめて10分か20分くらいは乳房を愛して欲しいものです。

乱暴なのはあまりよくない

ときどき乳房をわしづかみにして揉みまくる人がいますが、それでは女性はあまり感じません。ペニスだって乱暴にゴシゴシとこすられたら痛いはず。それと同じです。マゾの人をのぞけば、快感につながることはありません。生理前には乳房が張ったり痛んだりすることもあるので、そんなときには特にやさしく愛撫してください。

おっぱいを吸いながら「赤ちゃん」にもどる人がいますが、ほとんどの女性がイヤがります。「ママー」などと言われたら背筋が凍ってセックスどころではなくなってしまいます。

おっぱいは女性の象徴でかつ、大切な性感帯です。じっくりとやさしく愛してください。