オシャレ中年を目指すなら、細かすぎる小物にもこだわろう!

服装や髪型などはなんとなく決まっているのに小物がダサい!若い女性はいちいち細かいところをチェックしているものです。イケてる中年を目指すならば細かいところもしっかりとオシャレに整えるのが正解。見落としがちな小物のポイントをご紹介いたします!

小物チェックは女性の本能?

「女は細かいところに目が行く」なんて言われることがあります。確かに、同性・異性に関わらず他人の身だしなみについて女性は意外とチェックしています。どんなブランドを着ているのか、靴は綺麗か、ヒゲや髪型などはしっかりと整えているのか、歯に青のりがついていないか…男からしたら「ちょっとくらいいいんじゃないの?」と思うようなところも彼女たちにとっては重要なチェックポイントなのです。
もちろん、身だしなみに対する細かさは個人差があります。しかし、女性は本能的に美を求める傾向にあります。ですから、自分に対してはもちろん他人にも完璧な状態を求めてしまうんですね。細かいところに目がいってしまうのはそのためなのです。

カッコイイバッグとダメなバッグ

小物にもいろいろとありますが、その代表となるのはバッグではないでしょうか。意外と男性はバッグを持っている人があまりいません。仕事中であればビジネスバッグを携帯してはいますが、プライベートとなるとほとんど手ぶらという方も多いでしょう。せいぜいセカンドバッグを持つという人もいますが、これは女ウケが良くないので除外しておきます。
では女性たちは男性のバッグについてどう思っているのでしょうか?まず最も多いであろう手ぶらについて、彼女たちはそれほどマイナスイメージはありません。むしろ何も持っていないくらいのほうが男らしいと思う女性すらいます。ただ、ズボンやジャケットのポケットが膨らむような状態は好みません。お財布やスマホ、さらにそれ以外のアイテムを持ち歩くならば手ぶらだとちょっと良くなさそうですね。
女性が比較的好むのはショルダータイプやメッセンジャータイプのものです。また、ボディバッグなども近年流行っているようですね。これらに共通するのはファッションを邪魔することなく体に密着させやすいものということでしょう。さらっと持ち歩けるようなバッグが女性的にはカッコイイバッグということになりそうです。

紳士ならお財布もこだわるべき!

小物の中でも意外と忘れがちなのがお財布です。中高年男性の場合、10年以上使い込んでいる人も多いのではないでしょうか。お財布は小物の中でも物持ちが良い方ですし、使い込んでいるうちに愛着が出ますし、何か機会がないと買い換えられないというアイテムですよね。
しかし、あまりに使い古されたお財布というのはカッコイイとは言えません。細かいところに目がいってしまう女性としては「ボロボロなのに使ってる…」とマイナスイメージを与えかねません。モテたいと思った今の気持ちをきっかけとして買い替えてみてはいかがでしょうか?
女性ウケするお財布の特徴としては「上質な革」「シンプルでスマート」「ブランド品」「ロゴはさりげなく」というものです。このポイントを抑えておけば、マイナスイメージを与えることはまずないでしょう。